プレスリリース

2016.12.05 更新

【ニュース】HGF(肝細胞増殖因子)医薬品の研究開発企業クリングルファーマ社への出資のお知らせ
~脊髄損傷やALSなどの疾患に対して、HALと医薬品の新たな複合治療の確立へ~

 当社は、クリングルファーマ株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:岩谷邦夫、以下、クリングルファーマ社)に対して、クリングルファーマ社の第三者割当増資に伴う資本出資を行いましたので、お知らせいたします。
 クリングルファーマ社は、肝細胞増殖因子(Hepatocyte growth factor: HGF)の組換え蛋白質の医薬品開発を行っています。HGFは生体内の再生修復因子であり、様々な難治性疾患の画期的な治療薬となることが期待されています。クリングルファーマ社は現在、神経難病(脊髄損傷急性期と筋萎縮性側索硬化症(ALS))に対する国内での臨床試験(治験)に注力しております。
 当社としては、HGF医薬品と医療用HAL®によるサイバニック治療を組み合わせることで、脊髄損傷やALSの患者の皆様に対する新しい機能改善・機能再生治療法の確立を目指してまいります。

クリングルファーマ社プレスリリース

(参考リンク)
クリングルファーマ社ホームページ
http://www.kringle-pharma.com/

2016.09.24
「組換えヒトHGF蛋白質による脊髄損傷急性期治療薬」が、日本医療研究開発機構(AMED)より補助金を受けることが決まりました。
http://www.amed.go.jp/koubo/060020160629_kettei.html

2016.05.13
ALSを対象とした肝細胞増殖因子(HGF)の第Ⅱ相試験(医師主導治験)が開始されました。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/05/press20160513-02.html

2014.06.16
脊髄損傷急性期を対象とした肝細胞増殖因子(HGF)の第Ⅰ/Ⅱ相試験を開始しました。
http://www.kringle-pharma.com/pdf/20140616.pdf

ページ上部へ戻る