プレスリリース

2019.10.15 更新

【ニュース】内閣府 科学技術政策担当の竹本大臣が当社を視察

 2019年10月3日に、内閣府科学技術政策担当の竹本大臣が茨城県つくば市の当社を視察しました。
 当社の山海社長が、人の脳神経系・身体とロボットなどを融合複合して機能させる「革新的サイバニクスシステム」についてプレゼンテーションを行い、世界初の装着型サイボーグHAL®をはじめとする当社の各種サイバニクスシステムをご紹介しました。


また、「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」(6月8日・9日)において各国の大臣等、代表団にご紹介した新産業【サイバニクス・デジタル・インダストリー(『人』+『サイバー・フィジカル空間』を融合した新産業)】の創出を牽引する当社の各種革新技術のデモンストレーションも実施され、モノがつながるだけでなく、「ヒト」と「モノ」がつながる「IoH/IoT」(Internet of Humans/ Internet of Things)を強力に推進する当社の取り組みについて説明し、意見交換が行われました。


世界初の装着型サイボーグ「HAL®」をはじめとする当社の各種サイバニクスシステムの実演

(写真:内閣府HPより)

(参考リンク)内閣府HP:https://www.cao.go.jp/minister/1909_n_takemoto/photo/2019_004.html
竹本衆議院議員Facebook:https://www.facebook.com/TakemotoNaokazu/posts/943130832752617

ページ上部へ戻る